HOME > kazuji mogi article

論文

1982.3
西川潔・茂木 一司、道路標識の表示面における判読性の研究(1)ー案内標識モデルとして、その表示面構成要素 の配置についての考察ー、筑波大学芸術研究報告 4、69〜90
1984.3
茂木一司、フォルメンに関する一考察(1)、鹿児島大学教育学部研究紀要、第35巻、149〜174頁
1986.3
茂木一司、美術教育と教師教育―『チゼックの美術教育』の感想文の分析を通して―、筑波大学芸術教育学研究誌『芸術教育学』、第1号、42〜72頁
1987.3
茂木一司、ルドルフ・シュタイナーと美術教育―部分と全体の観点より―、日本美術教育研究紀要 社団法人日本美術教育連合、第20号、58〜63頁
1987.3
茂木一司、シュタイナーと美術教育(2)―感覚教育を中心に―、美術教育学 美術科教育学会誌、第9号、5〜16頁
1988.3
茂木一司、梅田素博、基礎造形に関する一考察(1) ―Cubic animalの製作過程―、鹿児島大学教育学部研究紀要、第39巻、79〜101頁
1989.3
茂木一司、石崎和宏、F.Cizekの美術教育に関する調査・研究(1)、(2)、鹿児島大学教育学部研究紀要、第40巻、99〜119頁
1989.3
茂木一司、遊びと自由―よい美術教師とは何か―、アート・エデュケーション、第2号、建帛社、26〜36頁
1990.3
茂茂木一司、石崎和宏、F. Cizekの美術教育に関する調査・研究(3)、鹿児島大学教育学部研究紀要、第41巻、67〜87頁
1990.3
石崎和宏、茂木一司、F.チゼックの美術教育に関する再評価―児童美術と青年美術の同時性―、美術教育学 美術科教育学会誌、第11号、101〜110頁
1990.3
横出正紀、寺戸史子、茂木一司、造形的遊びにおける「みたて」の発達(2)―「造形的みたて」と同一題材における表現形態の傾向性―、大学美術教育学会誌、第22号、77〜82頁
1991.3
茂木一司、生涯学習としての美術教育―公開講座「楽しい色彩」の実践を通して―、鹿児島大学教育学部研究紀要教育科学編、第42巻、55〜77頁
1991.3
多胡宏、茂木一司、盲児の造形教育に関する一考察、美術教育学 美術科教育学会誌、第12号、145〜156頁
1993.3
茂木一司、イギリスの中等美術教員養成教育(1) ―レスター・ポリテクニクの事例研究―、大学美術教育学会誌、第25号、71〜81頁
1993.3
茂木一司、イギリスの中等美術教員養成教育(2) ―レスター・ポリテクニクの事例研究―、美術教育学 美術科教育学会誌、第14号、323〜334頁
1994.3
茂木一司、イギリスの中等美術教員養成教育(3) ―レスター・ポリテクニクの事例研究―、美術教育学 美術科教育学会誌、第15号、305〜315頁
1994.3
茂木一司、イギリスの中等美術教員養成教育―レスター・ポリテクニクのアンケート調査―、大学美術教育学会誌、第26号、291〜300頁
1995.3
茂木一司、イギリスの中等美術教員養成教育(4) ―アニル・バリアの教育実習―、大学美術教育学会誌、第27号、95〜104頁
1995.3
茂木一司、イギリスの中等美術教員養成教育―PGCEコースのアンケート調査の比較―、美術・工藝教育学 宮脇理退官記念号、第2号、35〜46頁
1995.3
茂木一司、なぜ、どうやって、美術を教えるの?―中学校美術科の困惑と教員養成:九州地区の事例研究―、アート・エデュケーション、第7巻1号、建帛社、72〜84頁
1996.3
茂木一司、コンピュータと造形教育―CG教育の理念と実践―、鹿児島大学教育学部研究紀要教育科学編、第47巻、57〜74頁
1999.3
茂木一司、CGアニメの教材研究―初心者のためのメディア・リテラシーのガイドライン―、花篤実(研究代表者)、平成8―10年度文部省科学研究費補助金基盤研究(A)(1)研究成果報告書、メディア教育・異文化理解教育としての美術教育・映像教材およびガイドラインの開発、127〜140頁
2000.3
茂木一司・宮野周、アニメ教育の実践研究―公開講座「親子CG教室」を通して―、群馬大学教育実践研究、第18号、133〜149頁
2002.3
茂木一司・宮野周・齋藤有香、知的障害児の美術教育の実践研究―描く活動の場合―、群馬大学教育実践研究、第19号、145〜161頁
2002.3
茂木一司・宮野周・齋藤有香、メディア教育としての美術教育の試み―知的障害児の美術教材の事例を通して―、群馬大学教科教育研究第1号、89〜105頁
2003.3
茂木一司・宮野周・櫻井真希・木村朋恵・鑓田崇人・町田一男、知的障害児の美術教育の実践研究 第2報、群馬大学教科教育研究第2号、129〜144頁
2003.3
茂木一司・宮野周、アニメ教育の実践研究―CGパペットアニメを中心に―第2報、群馬大学教育実践研究、第20号、177〜196頁
2003.3
茂木一司、構成教育の史的研究ノート−イギリスの基礎デザイン運動:ビクター・パスモアとリチャード・ハミルトンの教育、デザイン学研究特集号 構成学の展開:I、第10巻3号、通巻39号、40〜45頁
2003.12
茂木一司、障害児の色彩に関する実践的研究、色彩教育Vol.22 No.1、3〜27頁
2004.3
茂木一司・宮野周・櫻井真希・中島麻里子、美術教育におけるメディア教材の研究 第2報―知的障害児の色彩学習を中心に―、群馬大学教育実践研究、第21号、155—172頁
2005.3
茂木一司ほか、演劇的要素を取り入れた美術鑑賞の実践研究―教員養成大学における小学校教科専門科目:図画工作の授業改善の試み―、大学美術教育学会誌、第37号、455〜462頁
2005.6
崔銀姫、北村順生、坂田邦子、小川明子、茂木一司、地域理解のためのメディア・リテラシー実践―異文化交流とオルタナティブなコミュニケーション回路構築―、日本教育メディア学会教育メディア研究、第11巻第2号、73〜79頁
2006.3
茂木一司・福本謹一・佐藤優香・阿部寿文・直江俊雄・永守基樹・宮野周、情報メディア時代の新しい表現の学び―造形・メディア・ワークショップにおけるファシリテーターの役割と共同的学びの事例―、大学美術教育学会誌、No.38、359—366頁
2006.3
Kazuji MOGI, Kinichi FUKUMOTO, Motoki NAGAMORI, Toshifumi ABE, Toshio NAOE, Yuuka SATO, “Implications of Media—Technology—Based Workshops for Art Education for All”, International InSEA Congress 2006, Viseu, Portugal . 1―5 March, 2006: ‘Interdisciplinary Dialogues in Arts Education’ , Proceeding CD—ROM
2006.3
茂木一司、吉永雅明、映像・メディア・ワークショップの実践的研究―障害児を事例に―、群馬大学教育実践研究、第23号、103〜119頁
2007.3
茂木一司ほか、絵巻をつかったワークショップの実践研究―「なりきりえまき」を例として―、大学美術教育学会誌、No.39、159—166頁
2007.3
Kazuji MOGI, Other, A Practical Study on a Workshop Using a Picture Scroll (Emaki) ―Narikiri Emaki Project―, Horizonte InSEA 2007 Germany―insea Art Education Research and Development Congress, Proceeding CD―ROM
2008.3
茂木一司、ゆるやかな学びの創造─人茶ワークショップカフェの実践─、群馬大学教育実践研究、第25号、123-134頁
2009.3
手塚千尋、茂木一司、井上昌樹、屏風を題材としたワークショップの研究—イタリアと日本の小学校4年生の場合—、日本美術教育研究論集(社団法人日本美術教育連合)、42号 25-32頁
2009.3
茂木一司、吉田秀文、金澤貴之、手塚千尋、井上昌樹、鷺坂裕子、知的障害者を対象にした造形と音楽のコラボレーションによる表現ワークショップ─「からだでつくろう!!からだでうたおう!!」を事例にして─、群馬大学教育実践研究、26号、231-241頁(CD-ROM)
2010.3
茂木一司、足達哲也、井上昌樹、渡邉彩、金田佳子、鈴木紗代、図画工作教育へのワークショップ型学習の導入の試み─群馬大学教育学部附属小学校の事例─、群馬大学教育学部紀要 芸術・技術・体育・生活科学編、45巻、39-63頁
2011.3
茂木一司、足達哲也、鈴木紗代、金田佳子、吉崎希、堀口由美恵、遠藤翠、山口真央、美術鑑賞教育へのワークショップ型授業の導入の試み―群馬大学教育学部附属小学校の事例─、群馬大学教育学部紀要 芸術・技術・体育・生活科学編、46巻、39-63頁
2011.3
手塚千尋、茂木一司、協同的創造を生み出すワークショップ学習の研究─「屏風ワークショップ@バークレイ2009」を事例にして─、群馬大学教育実践研究、28号、101〜107頁(CD-ROM)
2011.6
Chihiro Tetsuka, Kazuji Mogi, Collaborative learning for creativity: a case study of the KARUTA workshop, InSEA World Congress 2011 Budapest, Proceeding CD-ROM

辞典・雑誌論文など

1989.8
茂木一司「第4部 デザイン教育の環境 §2海外のデザイン教育事情「(7)現代ソビエト」(347〜348頁)、「第5部 デザイン教育研究法 §2デザイン教育人名(外国)「シュタイナー,ルドルフ」,「ムナーリ,ブルーノ」,(日本)「小池岩太郎」,「高橋正人」,「真鍋一男」,「松原郁二」(394,403,412,413〜414,416,416〜417頁)、高山正喜久監修、網本義弘、小笠原登志子、田中陽子、西野範男、福田邦夫、藤澤英昭、真鍋一男、宮脇理 編集『デザイン教育大事典』、鳳山社、全686頁、茂木一司「デザイン教育用語 シュタイナー教育、フォルメン(Formen Zeichnen)」(175,217頁)『同上資料編』鳳山社、全246頁
1991.3
茂木一司「2.シュタイナーの教育芸術」(51頁)、「4.精神世界との関連」(603頁)、真鍋一男、宮脇理監修『造形教育事典』建帛社、全694頁
1991.3
茂木一司、サマーヒル訪問記―A.S.ニイルが残したもの―、美育文化、第41巻10号、28〜33頁
1994.11
茂木一司、マルチメディア時代の美術教育―コンピュータとつきあう美術教育者―、美育文化、第44巻11号、30〜33頁
2001.3
矢口高雄、久恒啓一、茂木一司、遠藤友麗、座談会 これからのビジュアル社会に生きてはたらく美術の能力、教育美術、第64巻1号、30〜51頁
2003.1
茂木一司、平成15年度群馬大学教育学部フレンドシップ事業『あさひdeアート』障害児のためのメディア・アート・ワークショップ、(平成15年12月7日、於群馬県立あさひ養護学校、桐生市)、教育美術、第65巻1号、60〜61頁
2005.1
茂木一司、『研究から実践へ』あるいは『研究よりは実践へ』そして『また、研究へ…』、教育美術、第66巻1号、57〜59頁
2006.6
茂木一司、盲学校deアート2005 in maebashi 障害児のためのメディア・アート・ワークショップ、形 FORME、第281号、10〜11頁

報告書など

2001.3
茂木一司、美術鑑賞教育にパフォーマンスを取り入れた授業実践の研究―初等科図画工作における試み−、平成12年度群馬大学授業方法改善研究報告書、35〜44頁
2004.3
茂木一司『平成15年度群馬大学教育学部フレンドシップ事業:あさひdeアート・プロジェクト報告書2003』、群馬大学教育学部、DVD
2004.3
茂木一司、地域貢献事業報告:ハートフルアート展―地域に根ざした障害児のアート活動への支援―、群馬大学教科教育研究第4号、25〜34頁
2005.3
茂木一司代表(他8名)、平成14―16年度科学研究補助金基盤研究(B)(1)(課題番号14380095)報告書『イメージ・感性開発のためのメディア活用型総合学習パッケージの開発—美術館等におけるワークショップ及び学習デザインの教材開発に関する調査・研究—』全216頁+付録DVD
2004.3
茂木一司、『平成16年度群馬大学教育学部フレンドシップ事業:あさひdeアート・プロジェクトプロジェクト報告書2004』、群馬大学教育学部、DVD
2006.3
茂木一司、『平成17年度群馬大学教育学部フレンドシップ事業:盲学校deアート・プロジェクト報告書2005』、群馬大学教育学部、DVD
2007.3
茂木一司代表(他9名)、平成17-18年度文部科学省科学研究補助金基盤研究(B)(課題番号17330188)『芸術・文化の発信・交流を促す学習環境のデザインとワークショップ教材の実践・評価―異文化理解のためのメディア活用型総合学習パッケージの開発の調査・研究―』全110頁+付録DVD
2007.3
茂木一司、佐藤優香、手塚千尋、成果の社会還元としての展覧会という試み―ラーニングアート・ワークショップ「学びの繭」文化を語る子どもたち展―、群馬大学教科教育学研究 第6号、35-50頁
2007.9
茂木一司、佐藤優香、ワークショップとしての学びの場の創出―「学びの繭」展から人茶ワークショップカフェへ―、日本教育工学会第23回全国大会講演論文集、607-608頁

科学研究費

2002.4
茂木一司(研究代表者)、他9名、平成14―16年度 文部科学省科学研究補助金 基盤研究(B)(1)(課題番号 14380095)報告書「イメージ・感性開発のためのメディア活用型総合学習パッケージの開発—美術館等におけるワークショップ及び学習デザインの教材開発に関する調査・研究—」
2005.4
茂木一司(研究代表者)、他9名、平成17―18年度 文部科学省科学研究補助金 基盤研究(B)「芸術・文化の発信・交流を促す学習環境のデザインとワークショップ教材の実践・評価-異文化理解のためのメディア活用型総合学習パッケージの開発の調査・研究—」
2007.4
茂木一司(研究代表者)、他9名、平成19―21年度 文部科学省科学研究補助金 基盤研究(B)「異文化理解・多文化共生の可能性を探る身体・メディア活用型プロジェクトの開発と評価」
2010.4
茂木一司(研究代表者)、他8名、平成22―24年度 文部科学省科学研究補助金 基盤研究(B)「アート・多文化・伝統・身体・メディアを活用する表現と協同の創発的な学びの場の開発」